WiSP.KEP 変更方法2008年05月22日 18時21分

WiSP 内における軌道計算は、軌道要素衛星オブジェクトナンバーをもとに行って
います。 従って、今回のように衛星のオブジェクトナンバーが頻繁に変更になる
ような場合には、その度に、WiSP が認識している関係するファイルを差し替える
必要があります。具体的には次の手順で行います。

1. C:\wisp\WiSP Schedule.DAT および C:\wisp\WiSP.KEP の二つを削除。
2. GSC.EXE を立ち上げる。
3. 'GSC cannot find satellite ... in the keplerrian database' という
   メッセージが現れるので、OK を押す。これを設定衛星の数だけ繰り返す。
4. GSC - Database - Update Satellite Database  として正しい軌道要素
   が書かれている TLE テキストファイルを指定する。
5. GSC - Setup - Satellite Setup - (衛星名) - Edit - OK
   これを設定衛星すべてに対し行う。
6. GSC - Tracking - Redo Schedule として完了。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
熱帯魚?

コメント:

トラックバック