DELFI-C3 adjusted2008年05月17日 22時39分

信号にきちんと同期させてみました。自局では、1530Hz で ピタッ と合う
ようです。 自分の耳では不調でしたので、以前にも書きましたが、TNC を
使う方法です。 RIG の背面のスピーカー端子 2個のうち 1個は RASCAL に、
もう 1個を TNC-241 に入れます。TNC と RIG を結ぶケーブルは USB 信号
を自動追尾、AFC コマンド有効になるように改造してあります。(→ No.7)
TNC-241 の DCD ランプがつき 信号を追従し始めたのが、ちょうど 1530Hz
でした。その時、同時に RASCAL もデコードを始めました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
Tropical fish?

コメント:

トラックバック