信州・車山高原 #32007年08月07日 23時45分

 
横浜に、ただいま帰ってまいりました。
午前中まで信州にいて、午後は スパティオ小淵沢 で
ずっと体験工房をしていました。

Re: RS-22 valid launch date2007年08月08日 07時27分

AMSAT-NA の RS-22 に関するデータベースを修正したという
私信が届きました。 些細な事柄でしたが、迅速な対応でした。

http://www.amsat.org/amsat-new/satellites/history.php
http://www.amsat.org/amsat-new/satellites/satInfo.php?satID=76&retURL=satellites/frequencies.php

FO-29 連続試験運用2007年08月08日 18時28分

本日から 5日間連続で、午後 (JST) のパスで試験運用されます。
詳細は次の URL をご参照。
http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/2007_news-8.htm#0807

ところで、各ブログで既に公表されているように、FO-29 管制局
によるブログが新たに開設されました。 必見のブログです。
http://blog.goo.ne.jp/fo-29/

        JST    JST
Date    JTA ON JTA OFF
8月8日  13:43  13:53
8月9日  12:47  12:57
        14:33  14:46
8月10日 13:37  13:49
8月11日 12:43  12:53
        14:28  14:38
8月12日 13:32  13:44

Fwd from JARL2007年08月09日 22時08分

JARL 発表の記事をまとめて英訳してみました。
まだ 草稿の段階で、一般公開はしていません。
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/fo29sta3.htm

FO-29 heard over Germany2007年08月10日 20時06分

ドイツの DF2LV 局から、FO-29 が聞こえたというレポートが
2通 上がっています。
http://oscar.dcarr.org/

FO-29 CW 試験運用 #12007年08月11日 14時57分

 
FO-29
435.798 MHz, CW
12:39-12:56 JST, 11 Aug 2007
03:39-03:56 UTC, 11 Aug 2007
Max ele 35 deg

本日(8/11) 昼 12:39 JST からのパスで受信・解析したデータです。
中心周波数が 3 KHz ほど高く、435.798 MHz でした。
詳細は、次の URL をご参照。
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr544.htm

FO-29 CW 試験運用 #22007年08月11日 18時54分

FO-29
435.798 MHz, CW
12:39-12:56 JST, 11 Aug 2007
03:39-03:56 UTC, 11 Aug 2007
Max ele 35 deg

HI HI 22 E2 88 D1 8F 44 05 25 00 24 00 00 67 65 99 9C B1 87 BC B8 B8 B9 B7

 メインリレー   ON    :  DCM      ON
 SRAM     OFF   :  パケット     OFF
 JTA      ON    :  JTD      OFF
 地磁気センサー  OFF   :  
 太陽センサー   OFF   :  UVC      ON
 UBCレベル   1     :  PCUモード   AUTO
 PCUレベル   3     :  バッテリモード  TRIC
 バッテリロジック TRIC  :  
 デジトーカモード OFF   :  UVC ACT/PAS  PAS
 CPU RUN/RESET RUN   :  
 スピン周期          8356.0 [msec]
 太陽角(サンアングル)       72.5 [deg]
 地磁気センサーZ軸         0.0 [nT]
 地磁気センサーX軸         0.0 [nT]
 太陽電池発生電流       1009.8 [mA]
 バッテリ充放電電流       -20.4 [mA]
 バッテリ端子電圧         16.5 [V]
 バッテリ中間端子電圧        7.5 [V]
 バス電圧             17.4 [V]
 アナログ送信電力        779.4 [mW]
 構体温度1             8.9 [C]
 構体温度2            10.4 [C]
 構体温度3            10.4 [C]
 構体温度4            10.0 [C]
 バッテリセル温度         10.8 [C]

FO-29 CW 試験運用 #32007年08月11日 18時55分

FO-29
435.798 MHz, CW
14:24-14:41 JST, 11 Aug 2007
05:24-05:41 UTC, 11 Aug 2007
Max ele 36 deg

HI HI 22 E2 88 D5 8F 45 05 25 00 24 00 00 6F 65 99 9B B1 7B BB B1 B6 BC B6

 メインリレー   ON    :  DCM      ON
 SRAM     OFF   :  パケット     OFF
 JTA      ON    :  JTD      OFF
 地磁気センサー  OFF   :  
 太陽センサー   OFF   :  UVC      ON
 UBCレベル   1     :  PCUモード   AUTO
 PCUレベル   3     :  バッテリモード  TRIC
 バッテリロジック TRIC  :  
 デジトーカモード OFF   :  UVC ACT/PAS  PAS
 CPU RUN/RESET RUN   :  
 スピン周期          8356.0 [msec]
 太陽角(サンアングル)       72.5 [deg]
 地磁気センサーZ軸         0.0 [nT]
 地磁気センサーX軸         0.0 [nT]
 太陽電池発生電流       1088.2 [mA]
 バッテリ充放電電流       -20.4 [mA]
 バッテリ端子電圧         16.5 [V]
 バッテリ中間端子電圧        7.5 [V]
 バス電圧             17.4 [V]
 アナログ送信電力        701.4 [mW]
 構体温度1             9.3 [C]
 構体温度2            13.1 [C]
 構体温度3            11.2 [C]
 構体温度4             8.9 [C]
 バッテリセル温度         11.2 [C]

ANDE beacon 11 Aug 20072007年08月11日 22時57分

本日(8/11) の夜 22:45~ の ANDE は、非常に通りが良かったです。
初めて見るメッセージ 「Satellite 145.825mhz US Naval Academy」 も受信しました。
テレメトリが 50 秒ごとに送信されていることもわかりました。
20070811135111:ANDE-1]BEACON,qAO,JE9PEL:T#004,007,175,099,002,178,00100010,000
20070811135050:ANDE-1]BEACON,qAO,JE9PEL:]Satellite 145.825mhz US Naval Academy
20070811135021:ANDE-1]BEACON,qAO,JE9PEL:T#003,005,009,009,004,004,01000000,000
20070811134841:ANDE-1]BEACON,qAO,JE9PEL:T#001,007,176,099,004,177,00100010,000
http://www.findu.com/cgi-bin/pcsat.cgi?absolute=1

FO-29 CW 試験運用 #42007年08月12日 12時15分

JARL の最初の予定に入っていない、東側の仰角の低いパスでしたが、
CW が聞こえてきました。 昨日は TNC-555 を用いて受信していました
が、本日は TNC-241 を使用しました。 こちらは、受信帯域幅 が狭く、
より繊細なチューニングを要します。 中心周波数は 435.7975 MHz の
あたりでした。

FO-29
435.7975 MHz, CW
11:47-12:01 JST, 12 Aug 2007
02:47-03:01 UTC, 12 Aug 2007
Max ele 14 deg

HI HI 22 E2 88 D1 8F 48 05 25 00 24 00 08 59 65 99 9C B1 75 BE BD BE BE BC
HI HI 22 E2 88 D1 8F 48 05 25 00 24 00 08 65 65 99 9C B0 92 BE BD BE BE BC
HI HI 22 E2 88 D1 8F 48 05 25 00 24 01 00 6B 65 99 9C B1 8B BE BD BE BE BC
HI HI 22 E2 88 D1 8F 48 05 25 00 24 00 00 73 65 99 9C B1 8D BE BC BE BE BC
HI HI 22 E2 88 D1 8F 48 05 25 00 24 00 01 84 65 99 9C B0 83 BE BC BE BD BC
HI HI 22 E2 88 D1 8F 48 05 25 00 24 00 00 72 65 99 9C B1 8F BD BC BE BD BC
HI HI 22 E2 88 D1 8F 48 05 25 00 24 00 00 7C 65 99 9C B1 85 BD BB BD BD BC
HI HI 22 E2 88 D1 8F 48 05 25 00 24 00 01 7E 65 99 9C B0 6A BD BB BD BD BC
HI HI 22 E2 88 D1 8F 48 05 25 00 24 00 91 73 65 99 9C B0 87 BD BB BD BC BC