AO-07 第二の人生2007年06月21日 20時59分

AO-07 が生まれ変わって、ちょうど 5年を迎えます。 アマチュア人工衛星
の歴史の中で、これほどセンセーショナル(良い意味で)なニュースはなか
ったのではないでしょうか。 生まれ変わりのニュースは、本当に世界中を
駆け巡りました。 現在では、ほとんど スイッチが Bモードに固定され機能
しています。 実際の年齢は、1974年の生まれですから、なんと 33歳 です。
途中 26年間の仮死状態が続いていたので、これほど長生きなのでしょう。
これからもまだまだ現役として活動が期待される衛星です。
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr342.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr343.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr344.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr345.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr346.htm

続 ・ 転載 : FO-29 ON from JARL2007年06月21日 23時23分

■アマチュア衛星「ふじ3号」 (FO-29) のアナログ中継器を 6月30日、
一時的に ON にします。 テレメトリーデータの収集にご協力ください。

先にお知らせしましたとおり、電力状況、および衛星本体の動作状況
の確認のため、6月30日の日本上空の次のパスで、「ふじ3号」 アナ
ログ系中継器を ON にします。
アマチュア衛星を受信できる設備をお持ちの方は、ぜひ テレメトリー
の受信にご協力をお願い致します。

【アナログ中継器をONにするパス】
6月30日 03:40 ~ 03:45 (UTC), 12:40 ~ 12:45 (JST) の約 5 分間、
および、 05:22 ~ 05:30 (UTC), 14:22 ~ 14:30 (JST) の約 8 分間。

この運用時間帯でのアナログ系中継器の利用につきましては、特に
制限はしませんが、EIRP 100W 程度の電力による運用をお願いいた
します。

なお、6月30日 および 7月1日の深夜から早朝の周回でも、一時的に
アナログ系送信機をオンにすることがありますが、衛星に太陽光があ
たらない時間帯での衛星へのアップリンクはお控え頂きますようお願
いいたします。
          【受信データの送付先】 lab (at)jarl.or.jp