CubeSats 周波数リスト2006年07月28日 07時16分

今回の SEEDS を含む CubeSats の全ての周波数
を、いずれ次の機会に使うことになるでしょうから、
衛星周波数リストに残しておきます。
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/satslisj.htm
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/satslist.htm

日本大学地上管制局の言葉2006年07月28日 10時24分

日本大学地上管制局から最新情報
> 1. 1段目が途中で燃焼停止した模様
> 2. 落下中のロケットのテレメトリデータが得られている
> 3. 8月末までには詳細をレポートにまとめるとのこと
> 4. コスモトラス社はどうにかしてロケットの回収をしたいとのこと
> 5. 現在、失敗の原因は、何も分からないとのこと
> 
> 打ち上げ時は、カザフスタン組に国際電話で状況を教えてもらい
> ながら、打ち上げを見守っていました。 Cal Poly とうちのホーム
> ページのカウントダウンよりも 10秒くらい遅れて打ち上げが実行
> されたようで、現地組から歓声が沸きあがり、ちょっと遅れて
> 地上局側のライブビデオでも打ちあがる様子が映し出されました。
> しかし、ビデオが途中で切れて、「ええ~!」とみんなで叫びました。
> カザフスタンでは、ロケット打ち上げのシミュレーション映像が
> 流れていたらしく、その映像ではすべての衛星が分離した様子が
> 見れたそうです。 (途中略)
> それでも、諦めきれず私たちは、SEEDS がのる予定だった軌道を
> 追って、受信を試みました。他大学の地上局にも受信協力をして
> いただいて、僕らは、予定通りいっていれば、SEEDS がいるはず
> だった方向を探しました。来るはずのない SEEDS からの CWビーコンを
> みんな探してくれて、ありがとう!!!本当にありがとう!!!
 
日本大学地上管制局の言葉
> 非常に多くの方々に支えられて、今回の打ち上げまでこぎつけ
> ましたが、失敗に終わり非常に残念(悔しい)です。
> できることなら、落下した SEEDS を自分の手で回収しに行きた
> いです。
> SEEDS 開発のために努力を重ねてきた先輩方のことを思うと、
> くやしくて仕方ありません。。。
> 自分たちの地上局で自分たちの衛星のテレメトリをとりたかった。
> 僕には、今の気持ちは、これ以上、言葉では表現できません。
> しかし、
> SEEDS には、予備機があります。どうにかして、この予備機を
> 今度こそ、「人工衛星」 にしたいです。 絶対に。
> 皆様、これからも、日本、そして、世界の CubeSat 開発にご支援
> いただけますようよろしくお願いいたします。